カリキュラム、運営などは自らが商人でもある運営委員の意見が反映される『商業界ゼミナール』は、商人の、商人による、商人のための、学びの場です。3日間で計25講座が実施されますが、最終日、つまりゼミナール参加者に最も印象付けてほしい、聴いてほしい講座の一つが飛騨産業の岡田贊三社長の取り組みです。そこには「業界では当たり前とされたこと」「できるわけがないとされたこと」を“本当にそうなのか”と疑問を呈