小泉進次郎環境相は1月21日、ベトナムで建設が計画されている石炭火力発電所について、日本が公的支援を検討していることについて問題提起した。従来の日本政府の方針と整合しない点を指摘し、海外の石炭火力発電事業への公的支援に関する日本政府の方針の問題点についても言及した。こうした発言を受けて、国際環境NGO FoE Japanや国際環境 NGO 350.org Japanなど5団体は共同で「歓迎する」と声明文を発表した。(オルタナS編集