【AFP=時事】手術を受ける少なくとも4週間前に喫煙をやめることで、術後合併症のリスクが著しく減少するとの研究結果が20日、発表された。患者の血流が改善されることがその理由だという。世界保健機関(WHO)による研究は、習慣的に喫煙する人が小規模または緊急でない手術を受けるケースについて、患者が喫煙をやめるための猶予期間を設けることで、術後の傷の治りや心臓機能向上といった効果が期待できるとしている。WHOが