1番人気のセンテリュオは前半からほぼ最後方の追走となり、厳しい立ち回りとなった。地力で上位に詰め寄ったが、この馬場が合わなかったのか中々前へ進んで行かなかった。5着センテリュオC.ルメール騎手「この馬場で進んで行かなかったです。直線は伸びましたが、ラスト100mで疲れてしまいました」レース結果、詳細は下記のとおり。18日、小倉競馬場で行われた11R・愛知杯(G3・4歳上オープンハンデ・牝・芝2000m)で9番人