29日に監視を解かれて国外へ。「人質司法」や日産の「企業体質」は高飛びを正当化するに足るのか脱走の2ヵ月前に撮影。当時、ゴーン被告は麴町にある弘中弁護士の事務所を毎日のように訪問していた〈ゴーン被告、監視中止当日に逃亡〉正月早々、こんな見出しのニュースが世界を駆け巡った。日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)の国外逃亡劇は世界的な注目を集めている。記事によれば、ゴーン被告は逃亡前日まで日