英国のハリー王子夫妻の「セミリタイア宣言」をめぐって最も注目されているのが、夫妻の活動費や生活費の調達の問題だ。夫妻は昨年、夫妻の爵位にちなんで「サセックスロイヤル」の商標登録を済ませている。登録分野は文房具から洋服、教育やソーシャルケアの活動まで幅広く、王室の地位や知名度を利用して商業活動に乗り出すのではないかとの臆測が広がる。そうなれば、国民の反発がさらに強まるのは避けられそうにない。