【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は13日、ツイッターで、イラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のスレイマニ司令官を殺害した根拠としている「差し迫った脅威」に関し、「彼のひどい過去を踏まえれば、どうでもよいことだ」と強弁した。根拠の説明が不十分だと批判してきた野党・民主党や、イラン側が反発を強めるのは必至だ。殺害の正当性を疑問視する論調が消えないことへのいら立ちを募らせ、乱暴な発言