広島の佐々岡真司監督(52)が13日、廿日市市の大野練習場を訪れ、初めて新人合同自主トレを視察した。ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=のフィールディングが、かつてのエース・前田健太投手(31)=現ドジャース=と重なると大絶賛。キャッチボールでもノビのある球を投げた若鯉に対し、即戦力としての期待をさらに強くした一日になった。無駄のない動きだった。森下は左足を上げて真っすぐ立つと、肘を柔ら