【AFP=時事】米フロリダ州ペンサコラ(Pensacola)の海軍航空基地で訓練を受けていたサウジアラビア空軍少尉による発砲事件後に行われた調査で、イスラム過激派とのつながり、または児童ポルノの所持が発覚したサウジ人訓練生少なくとも12人が国外追放されることになった。米メディアが11日、報じた。サウジ空軍少尉のムハンマド・アルシャムラニ(Mohammed Alshamrani)容疑者(21)は昨年12月、基地内の受講室で発砲し3人を殺