レバノンの首都ベイルートで、ガセム・ソレイマニ司令官を掲げるイスラム教シーア派政党・武装組織ヒズボラの支持者(2020年1月5日撮影、資料写真)。(c)ANWAR AMRO / AFPAFPBB News

分裂する世論と制裁で疲弊する経済 司令官殺害でイランに広がる危機

ざっくり言うと

  • ソレイマニ司令官の殺害が、イランに与える影響について筆者が綴っている
  • 反米世論が高まる一方、制裁で経済は疲弊し中東は不安定化すると指摘
  • 今後シーア派武装組織による米への攻撃は、増加する危険性があると述べた

ランキング