際どい食野の一撃が得点と認められた後、VARを経て岡崎がPKを献上したシーンに着目森保一監督率いるU-23日本代表は現地時間9日、東京五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権の初戦でサウジアラビア代表に1-2で敗れた。今大会でグループCに入っている韓国のメディアは「U-23日本代表はVARに笑って泣き、大会初戦に敗れた」と報じている。3-4-2-1システムでスタートした日本は、序盤から押し込まれる展開。前半9分、29分