2019年のM-1審査、実は荒れていた?新しいものを歓迎する空気感東洋経済オンライン

2019年のM-1審査、実は荒れていた?新しいものを歓迎する空気感

ざっくり言うと

  • メディア評論家の筆者が、2019年のM-1グランプリの審査について検証した
  • ぺこぱのような新しい漫才の審査は、荒れたとしてもおかしくなかったと指摘
  • ぺこぱ躍進の裏には「新しいものを歓迎しようという空気」があったと述べた

ランキング

x