日本の国内出生数が史上最低に 自然減は50万人超で鳥取の人口に匹敵

ざっくり言うと

  • 日本の国内出生数が史上最低の86万4000人になったと、筆者が紹介した
  • 人口自然減少数は50万人を超えており、鳥取県の人口に匹敵する数字だという
  • 経済のマイナス成長が恒常化するリスクが高まってきていると指摘した

ランキング

x