沖縄県石垣市平得大俣(ひらえおおまた)への陸上自衛隊ミサイル基地建設・配備計画をめぐり、「石垣市住民投票を求める会」(金城龍太郎代表)が市を相手に起こした訴訟の第2回口頭弁論が24日、那覇地裁(平山馨裁判長)で開かれました。同訴訟は、市自治基本条例に基づき、同計画の賛否を問う住民投票の実施義務の履行を求めたもの。同会副代表で原告の一人の渡久山(とくやま)修さんが、意見陳述。国防にかかわることは国の