ゲヒルンの石森大貴社長は、東日本大震災のあと、地震時にツイッターによる情報集約し、独自の震度観測網の構築。独自アプリを開発した。AUTOCAR JAPAN

通信や給電機能を備えた「特務機関NERV」災害対策の車両が始動

ざっくり言うと

  • このほど、三菱のブランド発信拠点に「特務機関NERV」の車両がお目見えした
  • 災害対策車両として、衛星通信事業大手のスカパーJSATなどと連携している
  • また、内閣府のプロジェクトの衛星安否確認サービスにも対応しているという

ランキング

x