(花蓮中央社)東部・花蓮県豊浜郷の住民6人が先月下旬に食中毒にかかり、このうち1人が死亡した件について、同県衛生局は17日、検査の結果、有毒のヒキガエルをカエルと誤って食べたことによるものだったと報告した。同局の朱家祥局長によると、6人は一緒に食事を取ってから1〜4時間内に相次いで吐き気や嘔吐(おうと)、まひなどの症状を訴え、病院に運ばれた。事情を知る周辺住民によれば、6人は友人がつかまえた「カエル」を調