【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は14日、北西部・東倉里の西海衛星発射場で2回目の「重大な実験」を行った事実を明らかにするとともに、「核」について言及し、米国への揺さぶりを強めた。北朝鮮・国防科学院の報道官は同日午後、西海衛星発射場で7日に続き13日に再び「重大な実験」を行ったと発表した。重大な実験は大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に向けたエンジン性能実験と分析されている。さらに、軍序列2位の朴