14日、E-1選手権香港戦に日本は5-0と完勝した。相手とのレベル差もあったが、3-4-3のシステムが見事にはまった結果でもあった。森保一監督はかつて3バックを採用するときの攻撃の狙いとして「3バックだと、サイドの幅(68メートル)の使い方が、攻撃において高い位置でできる」と、相手を押し込めると説明した。果たして、この日の両サイド、相馬勇紀と菅大輝は完全に主導権を握った。相馬はボールを持つたびにクロスを上げてチャ