【ソウル聯合ニュース】北朝鮮・国防科学院の報道官は14日、北西部の西海衛星発射場で13日午後10時41分から同48分まで再び「重大な実験」が行われたと発表した。朝鮮中央通信が報じた。同報道官は「最近われわれが相次いで成し遂げている国防科学研究の成果は朝鮮民主主義人民共和国の頼もしい戦略的核戦争抑止力をより一層強化することに適用される」と強調した。