レアル・マドリードと契約した日本代表MF久保建英、プレミアTOP6の一角であるトッテナムでプレイする韓国代表FWソン・フンミン、バルセロナのBチームで奮闘するFW安部裕葵など、アジア人選手が世界トップクラブと契約するケースも珍しいものではなくなってきた。ただ、もっと多くのアジア人選手をトップクラブに送り込めるのではないか。『FOX Sports Asia』はそう考えているようだ。今回同メディアは「欧州トップクラブでプレイす