この秋、大学入試にかかる英語試験の方式について、大きな社会問題、政治問題が発生した。萩生田文科大臣が、予定された統一試験の実施を延期するという決断でとりあえず終結した経緯がある。自民党では先ず問題点を検証して本格的対案を作ることとし、私がその検討委員会の委員長(「作業チームWT・座長」)に指名された。英語は国際活動には必須の素養として、「読み」「書き」のみならず「聴く」「話す」の4領域を、従来にも