インド・カルナタカ州ベンガルールの裁判所に出廷したヒンズー教の自称「神人」、スワミ・ニトヤナンダ被告(2012年6月14日撮影)。(c)Manjunath KIRAN / AFPAFPBB News

レイプ容疑のインド宗教指導者が潜伏先から「宇宙国家」創設を宣言

ざっくり言うと

  • レイプや性的虐待な複数の犯罪容疑があり、逃亡していたインドの宗教指導者
  • 潜伏先から姿を現し「宇宙国家」の創設を宣言したと、4日に報じられた
  • 指導者は独自政府の発足と金色のパスポートの発行なども発表したという

ランキング