半世紀前には想像すらできなかったが、コンビニの24時間営業は日常に溶け込んでいる。利用者からすれば便利だが、加盟店のオーナーは身内が亡くなろうとも休業できないという。今年に入り営業時間の見直しが実施され始めたなかで、コンビニ本部の社員による無断発注が明るみに出た。無断発注が発覚したのは、業界最大手のセブン−イレブン・ジャパンだ。無断発注は内規違反というが、24時間営業が原因と指摘する専門家も少なく