ヤクルトの新入団選手発表会が3日、東京都内のヤクルトホールで行われ、6選手と高津臣吾監督(51)が参加した。ドラフト1位・奥川恭伸投手(18)=星稜=は尊敬する選手にヤンキース・田中を挙げ、肩を並べるような球界のエースを目指すことを誓った。背番号11のユニホームに初めて袖を通した黄金ルーキーが、500人のファンの前でビッグな目標を口にした。「ヤンキースの田中将大投手。エースらしいピッチャーで、