【台中(台湾)3日=尾形圭亮】巨人の阿部慎之助2軍監督(40)が、ウィンターリーグに参加中の黒田響生(ひびき)内野手(19)を大絶賛した。黒田は高卒1年目を終えたばかりで、背番号は3ケタの育成選手。それでも同監督は「勇人(坂本)の19歳の頃よりもポテンシャル、技術は上」と、若き日の主将を引き合いに能力の高さを評価した。「期待の若手はいない」と断言していたが、ついに原石1号を発見した。思わず身を