オーナー商法で2014年に消費者庁から行政指導を受けたジャパンライフが元会長宛てに届いた「桜を見る会」の招待状を宣伝に使っていたとされる問題で、同庁を担当する衛藤晟一消費者相の発言が波紋を広げている。衛藤氏は3日の閣議後会見で真意を説明し、SNSなどでの批判について「非常に残念」と語った。話題になっているのは、11月29日の閣議後会見での発言。衛藤氏は招待状が届いた経緯を消費者庁として調査する