【AFP=時事】フランス東部アルデンヌ(Ardennes)県で先週、野生のイノシシ158頭が1日の狩りで殺される出来事があり、自然保護団体などからは「大虐殺だ」と非難の声が上がっている。問題の狩りに参加した82人のハンターは先月27日、たたくなどして獲物を狩猟者の方へ追い立てる方法で狩りを行ったが、地元当局によると参加者らは300頭あまりとされている今シーズンの狩猟割当数に達しておらず、権利の範囲内だという。しかし