J1ジュビロ磐田の2度目の降格が前節名古屋戦(11月30日)で決まった。リーグ優勝3度の名門は、序盤から低迷。1シーズンではクラブ史上最多となる4人が指揮を執る異常事態に陥った。しずおか報知では「必然だった2度目の降格」と題した3回連載で、なぜ降格したかを検証する。第1回は現役時代は黄金期を築いたMFで、6季目の指揮を執った名波浩元監督(47)の始動から退任までを振り返る。5月26日の第13節