遊女が客に対して「あなたに本気」を伝える「心中立て」とは?吉原をはじめとする遊郭で働く遊女たちは、客を自分につなぎ止めるために、様々な努力をしていました。その中の1つが、遊女が客に「私、あなたじゃなきゃだめなの!」という「本気」を伝える「心中立て」です。幕末・明治期の花魁その方法は、お互いの二の腕に「◯◯命」と入れ墨をする、御神符を使い血判まで押した「誓紙」と呼ばれる起請文を書く、中には爪をはがす