オランダ1部フィテッセの本田圭佑は、恩師を救えなかったことを嘆いている。29日に行われたヘーレンフェーン戦のあと、報道陣にコメントを残した。フィテッセはこの日、敵地でヘーレンフェーンと対戦して2-3で敗れた。これでリーグ戦5連敗となったフィテッセは、試合後にレオニド・スルツキ監督が辞任を表明している。スルツキ監督は本田にとって、CSKAモスクワ時代の恩師。フリーとなっていた本田に声をかけて自身が率いる