10月の百貨店の売上高は、消費増税と台風19号による臨時休業の影響で大幅なマイナスとなった。10月の全国の百貨店の売上高は約3863億円で、去年の同じ月に比べ17.5%減少した。消費増税前の駆け込み需要で大きく伸びた美術品や宝飾品など、高額商品の落ち込みが目立っている。また、台風19号による臨時休業で来店客数が伸び悩んだことも響いた。日本百貨店協会によると、1997年と2014年の増税の際もほぼ同