【AFP=時事】オーストラリアのシドニーで、無抵抗のイスラム教徒の妊婦(31)に殴る蹴るの暴行を加えた男(43)が起訴された。豪イスラム関係評議会(AFIC)は「イスラム嫌悪」に基づく襲撃事件だと非難している。事件は20日、シドニー西部のカフェで起きた。店の防犯カメラ映像には、ヘッドスカーフを着用した女性3人が談笑しているテーブル席に男が近づき、いきなり飛び掛かるようにして女性1人を殴りつける様子が映っている