新潟市西区で昨年5月、小学2年生の女児(当時7)が殺された事件の裁判員裁判が22日、新潟地裁(山崎威裁判長)であった。検察側は論告で「まれに見る悪逆非道な犯行で、生命軽視の度合いが甚だしく大きい」などと述べ、同区の元会社員、小林遼(はるか)被告(25)に死刑を求刑した。小林被告は殺人や強制わいせつ致死など七つの罪に問われている。起訴状によると、小林被告は昨年5月7日、下校中の女児の背後から軽