トランプ米大統領の「ウクライナ疑惑」をめぐり、弾劾(だんがい)調査を進める米下院で4回目の公聴会が開かれ、ウクライナと接触していたキーマンの1人、ソンドランド駐欧州連合(EU)大使が証言した。ソンドランド氏は、民主党のバイデン前副大統領の疑惑の調査を「見返り」としてウクライナ側に求めたことを明確に認め、「大統領の指示」だったとも言明した。疑惑を裏付ける証言となった。ソンドランド氏は20日の公聴