看護師らの長時間夜勤につながる「2交代制」を採用している病棟は39・3%で、1981年の調査開始以来最多だったと、日本医療労働組合連合会が発表した。2交代制を採用している病棟のうち、半数超の54・4%が16時間以上の長時間夜勤だった。調査は、全国383施設で働く看護師ら約11万8千人を対象に、今年6月の勤務実績を調べた。終業から始業までの勤務間隔について、国際労働機関(ILO)の勧告は12時