[ニューヨーク20日ロイター] - 三菱重工業<7011.T>の泉澤清次社長は20日、ロイターとのインタビューに応じ、開発中のジェット旅客機「三菱スペースジェット(MSJ)」の納入計画に遅れが出ていると認めた上で、現行予定の2020年半ばの納入を確約できないと表明した。社長は「現在、納入計画の見直しを行っている段階で、すべてが仮定の状態だ」と語った。