11月19日に行われたベネズエラとのテストマッチで、日本代表は1対4で敗れた。日本代表が1対4で敗れるのは、17年12月の韓国戦以来だった。日韓両国ともに国内組で編成されたE−1選手権である。当時のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「韓国はパワー、瞬発力、技術、ゲームコントロールとすべての面で日本を大きく上回っていた。韓国を称えるしかない」と振り返り、翌年の解任の遠因にもなったゲームである。ベネズエラ