サッカー日本代表は19日のベネズエラ戦(大阪・パナソニックスタジアム吹田)で、1―4の惨敗を喫した。1993年のJリーグ発足以降、前半に4失点したのは初めての屈辱。「目に見える結果が全て。結果は巻き戻せない」。森保監督は、現実と向き合った。14日のワールドカップ(W杯)予選、キルギス戦から9人を入れ替え、異例の2チーム体制で臨んだ。しかし、先発に名を連ねたのは柴崎ら主力3人に加え、キルギスに同