[ワシントン19日ロイター] - 米商務省が19日発表した10月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比3.8%増の131万4000戸だった。市場予想は132万戸だった。着工許可件数は12年5カ月ぶりの高水準となり、住宅ローン金利が低下する中、住宅市場が力強さを増していることが裏付けられた。 9月の着工件数は当初発表の125万6000戸から126万6000戸へ改定された。10月の前年同月