福山哲郎幹事長は19日記者団の取材に応じ、安倍総理の通算の在職日数が同日2886日となり、これまで憲政史上最長だった桂太郎氏と並んだことへの受け止めについてコメントしました。福山幹事長は、「レガシーも成果もない長期政権だと言わざるを得ない。最大の問題は国会の行政監視機能を壊したこと。外交も何ら成果が上がっていない。国民生活は豊かにならず、分断が広がっている。われわれ野党が力不足だったことが長期政権の