人気ライトノベル『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』が、19日発売の最終巻14巻で完結し、約8年半の歴史に幕を下ろした。最終巻では、比企谷八幡、雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣たちのたどり着く先が、500ページを超えるボリュームで描かれている。【画像】タピオカを飲む結衣『俺ガイル』の愛称で広く知られる同作は、ぼっち高校生の主人公・比企谷八幡が、とあるきっかけで完璧美少女・雪ノ下雪乃が部長を務める「奉仕