日本野球機構(NPB)が主催する12球団合同トライアウトは、「プロでの再起」を期す機会としてはもはや有名無実化している。ここ数年はNPBの球団に“再就職”できる選手はせいぜい2人から3人ほど。今年からは挑戦できる回数も3回から2回になった。【写真】会場の外にはスーツ姿の一群が……スタンドでは各球団の編成担当者が冷めた視線を送る。その一方で、近年は野球選手の“セカンドキャリア”を支援する企業関係者の勧誘が盛