by Global Panoramaアメリカのモンタナ州にあるラウンドアップという町は、もともと自給自足で暮らす人や牧場経営者が多く、炭鉱町として栄えたこともあったものの、2019年時点では住民は2000人以下の小さな町となっています。このラウンドアップが、近年は奇妙な形で「Amazonのハブ」となり、住民の数の約2倍の荷物が毎日流れ込む事態となっているとのこと。Amazon非公式の倉庫がどのような形で機能しているのか、その内情が明か