新潟市西区で昨年5月、女児(当時7)を殺害したなどとして殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われている元会社員、小林遼(はるか)被告(25)の裁判員裁判(第6回公判)が18日、新潟地裁であった。小林被告は女児の首を絞めた行為について「抵抗がなくなれば放そうと思った」と述べ、改めて殺意を否認した。被告人質問で、弁護側から「何分ほど(女児の首を)絞めようと考えたのか」と尋ねられて答えた。小林被告はさ