立憲民主党の枝野幸男代表が「桜を見る会」の安倍後援会国会研修旅行を「脱法行為」とテレビで批判していたが、何ともお門違いな頭づくりである。少なくとも枝野氏は曲がりなりにも弁護士であり、法律は一般の人より心得ているはずである。言葉の遊びは慎むべきではないか。私も後援会の国会研修旅行を何回も行ってきたが、旅行会社に日程を作ってもらい、旅行会社に個々人の費用を収める仕組みだった。一義的に旅行者の仕事であり