在日米軍の最前線で耳を疑う規律違反が繰り返されていた。飛行中の戦闘機で手放し操縦や携帯電話による自撮りといった危険行為が常態化していたという。一瞬の気の緩みは人命に関わる事故につながりかねない。米軍には猛省を促したい。一連の規律違反は、山口県の米海兵隊岩国基地に所属する戦闘機部隊の事故に関する米軍の調査報告書で判明した。調査の発端は昨年12月、高知県沖で起きた事故だった。この部隊の戦闘攻撃機と