【AFP=時事】パキスタンのタール砂漠(Thar Desert)で夜間に発生した落雷により、少なくとも18人が死亡し、複数人が負傷した。警察当局が15日、明らかにした。最悪の被害をもたらしたのは、同国南部シンド(Sindh)州内の18か所で発生した落雷。雷を伴った豪雨が複数の村に大惨事をもたらし、数十軒の民家が損壊した。気象学者は、異例な豪雨について気候変動と関連がある可能性を指摘している。地元警察署長はAFPに対し、「