「明治神宮野球大会・高校の部1回戦、明徳義塾8−5星稜」(15日、神宮球場)四国王者の明徳義塾(高知)が北信越王者の星稜(石川)を破り、2回戦に進出した。1992年、星稜・松井秀喜を5敬遠して物議を醸した一戦以来、27年ぶりとなった公式戦での再戦。当時と同じく明徳義塾が勝利した。明徳義塾は1点を追う四回に新沢の適時打、今釘の犠飛で逆転。さらに相手の2暴投で2点を加えた。五回には3番鈴木が左