違法ではない「人為的な損失」ソフトバンクグループ(SBG)の租税回避がマスコミで大きく取り上げられている。報道によると、SBGは、海外子会社の株式をグループ内で移動させ、「意図的に」巨額の損失を作り出す手口で租税回避を行っていたと報じられている(10月19日、24日付日経新聞、10月24日付SankeiBiz)。現在税制当局では、こうした「抜け道」をふさぐための法令改正を検討中である。SBGの租税回避のスキームは、平