「従来の“慣行”として、長年行われてきています。私どもが野党だった時の政権(鳩山政権)もこうしたことを行ってきています。それはやはり“慣行”だったんだろうというふうに思います」11月13日、『桜を見る会』の中止を伝える会見でそう語った菅義偉内閣官房長官(70)。税金を使って行われる内閣総理大臣主催の『桜を見る会』に、与党の後援会関係者を多数招待していた問題。多くの批判を受けて、政府は来年度の会を中止する